白髪染め選びガイド

白髪染めや白髪対策についての総合サイト

どんなに肌に優しい白髪染めでも使用前にかならずパッチテストをした方がいい

   

どんなに肌に優しい白髪染めでも使用前にかならずパッチテストをした方がいい

パッチテストってご存じですか?

「アレルギーテスト」の一種で、薬などに対してアレルギー反応が起きるかどうかをチェックするための手法です。肌に直接薬品を塗ったり、絆創膏のようなシール(パッチ)に染み込ませて肌に付けて、肌が赤く反応するかどうかを調べます。もし赤くなればアレルギー反応を起こしている証拠になります。このままその薬を使うと、かゆみや肌あれの原因になる可能性があるので、赤みが出た場合は使用をやめます。

白髪染めやヘアカラーの場合もパッチテストを行います。美容院や毛染め専門店で、初めて使う染め薬に対しては必ずパッチテストを行うはずです。

個人で自宅で白髪染めをする場合、パッチテストをしない方もいらっしゃるでしょう。「自分は肌が強いから」「肌にやさしい白髪染めだから」「めんどくさいから」という方もいらっしゃるかもしれません。しかし、どんなに肌が強くても、どんなに髪にやさしい白髪染めでも、初めて使う前に必ずパッチテストをすることをおすすめします。

肌の強さ(アレルギー体質)は年齢や体調によっても変化します。また、どんなに髪にやさしい白髪染めでも特定の成分に対してアレルギーを持っているかもしれません。だから必ずパッチテストをした方がいいと考えます。

パッチテストの方法はとても簡単です。肌の柔らかい、なるべく白い部分に白髪染めを綿棒などでちょっと塗ります。だいたい10円玉くらいの大きさでいいいでしょう。その後30分くらい放置したあとに白髪染めを洗い流すか、水を含んだ柔らかい布で拭き取ります。肌が特に変化していなければ問題ありません。もし、赤くなっている場合は何らかのアレルギー反応を起こしている可能性があるので、使用しない方がいいでしょう。

パッチテストの場所

赤丸の範囲がおすすめ。ここに10円玉くらいの大きさで白髪染めを塗ります。

初回のパッチテストが問題なくても、白髪染めを使っているうちに肌がかゆくなったりする場合があります。そんな時はもう一度パッチテストをしてみるといいでしょう。体調や年齢、季節によってもアレルギー反応は変化します。もしパッチテストで赤みが出た場合は使用を中止したほうがいいでしょう。

いかがでしょうか。パッチテストは簡単にできます。万が一のアレルギーを防ぐため、必ず実施することをおすすめします。

 - 白髪ニュース&コラム